ガチブイズ勢風歌のイーブイズの専用楽屋 いわゆる型バレサイト
この楽屋に居るポケモンは全て理論値として紹介しています
開設日 2012年7/22 現在この楽屋に居るイーブイズの数(262匹)
型の紹介ページへのリンクは自由ですが内容の無断転載はNGです
この楽屋に使われている絵は涼色さんからいただきました!


イーブイズの窓(型紹介)
シャワーズの窓 サンダースの窓 ブースターの窓
エーフィの窓 イーブイの窓 ブラッキーの窓
リーフィアの窓 グレイシアの窓 ニンフィアの窓


↓最近追加された子達

物理両壁ニンフィア

性格:いじっぱり
特性:フェアリースキン
持ち物:ひかりのねんど
努力値:H164 A124 B156 D4 S60
能力実値:191-111-105-×-151-88
技:すてみタックル・あくび・リフレクター・ひかりのかべ

ブイズ勢のエボルブースト起点作りの方法が複雑化している中 単純明快な両壁持ちのニンフィア
壁のターンを消費してしまいやすいあくびという技は 壁持ちのポケモンでは嫌煙されがちだったが
このニンフィアはイーブイという"1ターン作れば勝ち"に持っていける強力なポケモンが居てこその型と言える
行動パターンのロジックは単純

壁を張り イーブイが選出で想定されているポケモンの攻撃を耐える状態にできたら
あくび→交代で起点が確定するというもの
相手のポケモンが居座った場合はそのまま眠り イーブイの起点が確定
相手のポケモンが交代した場合はイーブイが被弾せずに壁のある状態で場に出て起点が確定

また あくびの利点として 交代技を持っていない相手ならばあくびを連打することで
起点にするポケモンを選びやすいという大きなポイントがあり
これにより イーブイが起点にできない一致抜群持ちや吠える持ち等との対面を避けやすくなっている

また 状況によってはニンフィアが捨て身タックルで自主退場することで起点を確定させる立ち回りも可能だ

耐久ライン
B=A200 ガブリアスの鉢巻き地震を確定耐え

その他 試作運用で組んだ個体なので特に調整無し
Aに降ることでニンフィアの反動ダメージ増加やニンフィア自身の圧力で相手の行動を抑制できるため
最低ラインの耐久値を確保してなるべくAに降っておきたかったのがこの配分の意図

ニンフィアの捨て身タックルの指数は壁役にしては馬鹿にできない程度の威力があるため
イーブイの起点にしやすい鈍足鋼ポケモン等を誘い込みやすいのも大きなポイント
ギルガルドの聖剣 ジバコイルのアナライズ眼鏡等が不安要素ではあるが 壁を貼れればさほど問題はない

とけるカムラバトンシャワーズ2

性格:ずぶとい
特性:ちょすい
持物:カムラのみ
努力地:H20 B252 C4 D4 S228
能力実地:208-×-123-131-116-114
技:ねっとう・バトンタッチ・とける・みがわり

サン・ムーン初期環境に合わせて物理耐久を上げたが
Sラインは昔のとけるカムラシャワーズと同じで S↑1最速ガブリアス抜き

A207フェローチェのとびひざげりを1.5回高乱数耐え
A189フェローチェのとびひざげりを1.5回確定耐え
この時点で既に耐久値に不安があり
B>Dであるため シャワーズの前に出てきやすいポリゴン2のダウンロードでCが上がってしまうという不安要素も含んでいる
言ってしまえば欠陥調整といえなくもない配分だったりする・・・

サン・ムーンの発売直後に多かったフェローチェも殆ど姿を見なくなった(2016/12/10現在)ため
今とけるカムラシャワーズを使うなら6世代に使っていたものと同じ調整で良さそうだと感じるのが本音だ

エボル用アシパめざ格球ブラッキー

性格:ひかえめ
特性:シンクロ
持ち物:いのちのたま
努力値:H36 B4(王冠) C252(王冠) D4(王冠) S212(王冠)
能力実値:175-×-131-123-151-112
技:あくのはどう・アシストパワー・めざめるパワー(格)・つきのひかり

まさかここに来て 第4世代を思い出させるような特殊ブラッキーが帰ってくるとは思わなかった・・・
めざめるパワーの都合上 王冠も4つ使うという贅沢っぷりである

調整は全てエボル後を想定
・アシストパワーで H147-D135 カプ・テテフを確定一発(サイコフィールド込み)
・アシストパワーで H212 D121 メガガルーラを確定一発
・あくのはどうで H167-D170 盾ギルガルドを確定一発

・A156ミミッキュのじゃれつく×2+かげうち+球ダメージの合計まで確定耐え(合計ダメージ最大値174)
 (バトンターンのじゃれつく→攻撃による球ダメージ→じゃれつく→かげうち の流れを想定)

めざめるパワー(格)は単純にあく+エスパーの攻撃範囲で見れないサザンドラやメガギャラドス等に対する有効打

バトン先のエーフィを意識して出てきやすいギルガルド メタグロスといった鋼枠や
ミミッキュといった行動保障持ちのポケモンに安定させるために エボル終点枠の1匹として考察したブラッキー
エーフィ以外のバトン先を単純に考えた場合はシャワーズが最も優れているのだが
所謂とけーふぃの選択肢をPTに取り込む際[とけるカムラシャワーズ]を使う事になったため 
その代わりに採用する形になったのがこのブラッキーだ
プロフィール

風歌

Author:風歌
エメラルドの時代からイーブイズを愛用してきたトレーナーでありブイズ歴は13年目
ニコニコ生放送主やってます

BW時代のブイズによるシングル最大レートは1767(5世代のレートは仕様の問題で上がりづらかった)

2010年WCS(GSルール)においてはブイズ3匹入りパーティーで長野ベスト8入り

2012年に行われたイーブイカップ(ローテ大会)では全試合を放送し レート1865で3位にランクイン

XYのブイズによるシングル最大レートは1987

2014年に行われたイーブイフレンドリーマッチ(XYローテ大会)においても全試合(30試合制限)を放送し
27勝3敗の1803でマスター7位にランクイン

検索フォーム
リンク
QRコード
QR