他の窓を見る
シャワーズの窓 サンダースの窓 ブースターの窓
エーフィの窓 イーブイの窓 ブラッキーの窓
リーフィアの窓 グレイシアの窓 ニンフィアの窓


両壁あくびニンフィア

性格:ずぶとい
特性:フェアリースキン
持ち物:ひかりのねんど
努力値:H244 B236 S28
能力実値:201-×-126-130-150-84
技:ハイパーボイス・あくび・リフレクター・ひかりのかべ

単純明快シンプルなHB両壁ニンフィア
壁→あくび→交換でイーブイの起点を確定させることができる基本ロジック(物理両壁型参照)を大前提としているため
やる事も何も難しいことはないだろう
HBにほぼ特化することによって レート環境に完全復帰したメガガルーラに対しても初手対面で動けるようにした
(H194メガガルーラのねこだまし+すてみタックルを高乱数耐え(約80%)

このニンフィアで一番特殊なのは素早さ実数値が84という点だろう
この84という数字が何を意識したものかは 下記の60族周辺簡易素早さ表を参照

すばやさ80 無振り60族(ギルガルド ニンフィア等)
すばやさ81 無振り61族(バンギラス テッカグヤ)
すばやさ82 4振り61族(バンギラス テッカグヤ)
すばやさ83 4振り61族抜き20振り60族(ニンフィアの一般的な最低Sライン)
すばやさ84 このニンフィアのS実数値
すばやさ85 無振り65族(ハッサム シャワーズ ブースター ブラッキー グレイシア等)

そう この数値は他の65族ブイズに1抜かれるように・・・じゃありません ダブルじゃないんだから違います
ニンフィアの最低Sラインを満たしつつ 同じようにSを振る事が多々あるギルガルドより早く行動するために多少のS振りをしておきたいが
振りすぎもせず あえて無振り65族の下を取る事でわざとハッサムの下を取るようになっている
というのも このニンフィアの基本パターンの一つに ハッサム等の不利対面積み技持ちにあくびをする行動があり
ハッサムの下を取ることで 相手の交換読みとんぼがえりにあくびが刺さったり 逆にとんぼがえり読みあくび連打等の択を可能にしている

余談だが S84にせず完全にHBぶっぱならメガガルーラのねこだまし+すてみタックルを耐える確率が若干上がる
どちらを取るかはお好みで

物理両壁ニンフィア

性格:いじっぱり
特性:フェアリースキン
持ち物:ひかりのねんど
努力値:H164 A124 B156 D4 S60
能力実値:191-111-105-×-151-88
技:すてみタックル・あくび・リフレクター・ひかりのかべ

ブイズ勢のエボルブースト起点作りの方法が複雑化している中 単純明快な両壁持ちのニンフィア
壁のターンを消費してしまいやすいあくびという技は 壁持ちのポケモンでは嫌煙されがちだったが
このニンフィアはイーブイという"1ターン作れば勝ち"に持っていける強力なポケモンが居てこその型と言える
行動パターンのロジックは単純

壁を張り イーブイが選出で想定されているポケモンの攻撃を耐える状態にできたら
あくび→交代で起点が確定するというもの
相手のポケモンが居座った場合はそのまま眠り イーブイの起点が確定
相手のポケモンが交代した場合はイーブイが被弾せずに壁のある状態で場に出て起点が確定

また あくびの利点として 交代技を持っていない相手ならばあくびを連打することで
起点にするポケモンを選びやすいという大きなポイントがあり
これにより イーブイが起点にできない一致抜群持ちや吠える持ち等との対面を避けやすくなっている

また 状況によってはニンフィアが捨て身タックルで自主退場することで起点を確定させる立ち回りも可能だ

耐久ライン
B=A200 ガブリアスの鉢巻き地震を確定耐え

その他 試作運用で組んだ個体なので特に調整無し
Aに降ることでニンフィアの反動ダメージ増加やニンフィア自身の圧力で相手の行動を抑制できるため
最低ラインの耐久値を確保してなるべくAに降っておきたかったのがこの配分の意図

ニンフィアの捨て身タックルの指数は壁役にしては馬鹿にできない程度の威力があるため
イーブイの起点にしやすい鈍足鋼ポケモン等を誘い込みやすいのも大きなポイント
ギルガルドの聖剣 ジバコイルのアナライズ眼鏡等が不安要素ではあるが 壁を貼れればさほど問題はない

物理ゴツメニンフィア

性格:いじっぱり
特性:フェアリースキン
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H164 A252 B28 D4 S60
能力実値:191-128-89-×-151-88
技:すてみタックル・でんこうせっか・あくび・みがわり

やっぱりハイパーボイスがないと真っ先に候補に挙がる物理ニンフィア
ここでニンフィアの攻撃指数を軽く並べてみると

物理
A128おんがえし=23424
A128すてみタックル=27648
A128でんこうせっか=9216

特殊
C178ムーンフォース=25276
C178ハイパーボイス=28836

と 実は物理でも特殊に劣らぬ火力指数を出せることが分かります
さて そんな物理ニンフィアですが この個体はゴツゴツメットを持っています
これはエボルバトン構築で[襷甘壁サンダース]が居ることが前提となっており
サンダースより早いフェローチェというポケモンにとんぼがえりを使われるだけで起点が作りづらく 辛い点から
ならばそれをメタってしまえばいいという フェローチェのピンメタを目的としたのがこのニンフィア

努力値配分も実は思考停止で Aぶっぱ S実数値88 あと適当にH191 残りBという振り方
机上論ではでんこうせっかでとんぼがえりに甘えたフェローチェを潰し ニンフィアに対して出てきた鋼(ギルガルドやテッカグヤ等)にあくびを入れて
イーブイでみがわりをして勝ち という流れを想定している
しかし 発売初期は多かったフェローチェが早くも数を減らしている(2016/12/09)ため 実際にニンフィアを選出したのは数えるほどしかない そんなニンフィアです

アッキバトンニンフィア

性格:ずぶとい
特性:フェアリースキン
持物:アッキのみ(物理攻撃の被弾でBアップ)
努力値:H244 B204 D4 S56
能力実地:201-×-122-130-151-87
技:ハイパーボイス・めざめるパワー(炎)・めいそう・バトンタッチ

ORAS環境に入り 更に物理大火力環境になったことから
「とけーふぃ」をメインとしたバトン選出の 新たな駒として試験的に育成してみた

耐久ライン
 A194 メガガルーラの親子愛すてみタックルを確定耐え
 A194 メガガルーラの親子愛ねこだまし+すてみタックルを確定耐え(アッキ発動込み)
 A216 メガボーマンダの すてみタックルを確定耐え
 A197 メガボーマンダのA↑1恩返しを 中乱耐え(57%)
 A188 メガミミロップの恩返しを確定3発(アッキ発動込み)
 A188 メガミミロップのねこだまし+恩返し2発を確定耐え(アッキ発動込み)

 C192 メガルカリオのラスターカノンを確定耐え
 C222 メガゲンガーのヘドロばくだんを確定耐え
 

初手から出してもバトンを保証される相手が多く
うまくアッキのみを使うことができれば 後出しでも後続にB上昇を残すことができるニンフィアだが
当然理想形は 特殊を瞑想の起点にし 後出しの物理ポケモンに殴られながらバトンタッチを決めること

このニンフィアにより バトン選出の幅が広がり ブラッキー&ニンフィア選出においても
ブラッキーの環境上不足気味になった耐久値を補い 挑発どくどくで要塞化することが可能になった


改善点は
バトン前提の型である点(めざ炎の仮想敵であるハッサム ナットレイ ギルガルドはバトンタッチも安定択になる)
環境にウルガモスが増えて来た点(ウルガモスの薄い物理防御に対して攻撃できない)
ゲンガーに打点がなくて困った試合があった事等を考慮すると
めざ炎の枠は サイコショックに変えると良いかもしれない

6世代EVローテ用鉢巻ニンフィア

性格:いじっぱり
特性:フェアリースキン
持物:こだわりハチマキ
努力値:H172 A236 B36 S64
能力実地:119-78-56-72-92-55 (レベル30)
技:おんがえし・からげんき・すてみタックル・でんこうせっか

イーブイフレンドリーマッチのサブロム構築において使用した鉢巻ニンフィア
リフレクターやねがいごとを相手に強制させやすく 隙を作りやすいため
PTの軸であるエーフィがみがわりを置く隙の作るための圧力を与えたり
特攻気味にすてみタックルをして相手の数を減らすのが主な仕事
詳しいPT解説はこちら

火力ライン
 すてみタックルで H252振りニンフィアを確定一発
 すてみタックルで A252 S252振りブースターを ニンフィアに対するフレドラ反動込み確定
 おんがえしで H252振りエーフィ サンダースを確定一発
 おんがえしで 補正有りH252 B252シャワーズを確定2発

耐久ライン
 無補正A252振り命珠ブースターのフレアドライブを最大乱数以外耐え
 無補正A252振り根性ブースターのからげんきを確定耐え
 補正有りC252振り命珠サンダースの10まんボルトを確定2耐え

鏡眼(さかさ用)ニンフィア

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:こだわりメガネ
努力値:H164 B148 C128 S68
能力実地:191-×-104-160-150-89
技:ハイパーボイス・サイコショック・めざめるパワー(電)・はかいこうせん

さかさ用の眼鏡ニンフィア
めざ電といえばCDをVにしSをUにして厳選をするのが一般的(電気の可能性が最も高いため)だが
Vの箇所を増やし努力値の無駄を減らすためにSがVのめざ電(1パターンのみ)を採用した

調整に関しては等倍火力 等倍受けに重点を置いており
通常シングル用の眼鏡ニンフィアとほぼ変わらない数値になっているので詳しくはこちらを参照

S実数値を高めに設定しているのはやはりS65族周辺の意識が大きく
さかさにおける鋼の一貫性の高さ故に高レートで多々見かける鉢巻ハッサムや
さかさにおいて最も有効に一致イカサマを使えるブラッキー
周辺や同族意識のS調整が多いバンギラス
ニンフィアと同じ60族だが同じくS調整の余地があるラプラス等をほぼ確実に抜いておきたいため
同族抜き抜きまで考慮し めざ炎より多く個体値Vを取れる利点を活かしてD4振りをS8振りへと変化させた


ハイパーボイスの使い方は通常ルールとほぼ変わらず
最も使い方に変化があるのはサイコショックなので 主な相手に対するダメージ計算はこちら

サイコショックで
 H207-B130バンギラスを確定2発
 H202-B178ブラッキーを確定3発(40.5~48.5%)急所一発込み確2
 (先手をとってサイコショックを打ち込めばつきのひかりのPPの少なさもあり回復が追いつきにくい)
 H155-B100ラティオスを中~高乱数1(62.5%)
 (C実数値171で確定一発 169で最低乱数以外一撃になるので Sを重視しない時の目安がここ
 さかさにおいて最もハイパーボイスを受けに来るのが多いのはラティオスなので
  交代際にしっかりと仕留めておきたいか同族周辺に対する有利性に重点を置くかがポイント)

めざ電は当然ガブリアスが主な仮想敵だが基本ハイパーボイスを打つのが仕事なので殆ど使われず
あればいざという時に使う というレベルなのでさかさで大事な物理受けがしっかりしていれば
無理に交代際を狙うということもない ラスト対面のこだわり地震等に対してしっかり使っていこう(技未選択時は逆鱗を打たれるが)


はかいこうせんに関してはさかさにおけるニンフィアのシャドーボールが
"完全に死に技"になっていることから 必殺技気味に仕込んだ

さかさのシャドーボールが死に技になっている主な理由は
通常のシングルにおいてはギルガルドに対する有効打として使ったり
高い一貫性を活かして相手のポケモンを削る際に重宝される技だが
さかさバトルにおいては"フェアリーが半減されてゴーストで抜群を取れる"相手がいないため
ノーマル等に対してわざわざシャドボを打つよりハイパーボイスの方が指数が高いし
当たり前だがフェアリー半減に対して等倍シャドボを撃ってもハイパーボイスの方が強い

そのためさかさの眼鏡ニンフィアはハイパーボイスとサイコショックのみでほぼ完結し
ガブリアスに対するめざ電を仕込んでもまだ枠が一つ余ることになる
そこで消去法気味に採用したのがはかいこうせん という形になった

『はかいこうせんの主な火力ライン』
 H212-D120メガガルーラを確定一発
 H222-D107ドサイドンを確定一発
 H135-D80キノガッサを確定一発 
  (半減ながらスカーフキノガッサに後出しを許さない)
 H147-D91ゲッコウガを最低乱数以外一撃
  (半減とはなんだったのか 後出しを許さない)
 H187-D220レジアイスに64.1~75.9%のダメージ
 (はかいこうせんを打った際に受けられても再生回復がないため押し切る事ができる)

使いどころをしっかり考えて打てば強力な技なので
これで死に技枠も十分に有効活用できるだろう

眼鏡ニンフィア

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:こだわりメガネ
努力値:H164 B148 C128 D4 S64
能力実地:191-×-104-160-151-88
技:ハイパーボイス・サイコショック・シャドーボール・めざめるパワー(炎)

最近(2014年4月)流行りの眼鏡ニンフィアをガチブイズ勢として育成したらこうなった
物理耐久と素早さを重視した調整になっている

B調整ライン
 A182鉢巻ガブリアスの地震+天候ダメージを確定耐え
 A189命珠バシャーモのフレアドライブを確定耐え
 A182メガリザードンXのフレアドライブを確定耐え
 A194メガガルーラの恩返しを確定耐え
 A222メガハッサムのバレットパンチを確定耐え
 A200命珠ハッサムのバレットパンチを高乱耐え(25%で一撃)

C調整ライン
 H227 D151クレセリアをハイパーボイスで高乱数2発(68%)
 H192 D116輝石ポリゴン2をハイパーボイスで高乱数2発(88%) 
 (C252振りなら確定2発だが 回復が追いつかないので問題無し)
 
 H207 D167砂下オボン持ちバンギラスをハイパーボイスで2連最低乱数以外2発
 H159 D100ボルトロスをハイパーボイスで確定一発
 H181 D120メガガルーラにハイパーボイスで132~156ダメージ
 (73~86%/ダメージ目安・ゴツメ2回込み確定)
 
 H167 D170盾ギルガルドをシャドーボールで確定2発
 H187 B156までのメガフシギバナをサイコショックで確定2発
 H146 B100までのメガゲンガーをサイコショックで確定1発(ダメージ目安)
 
 H181 D184ナットレイをめざめるパワーで確定2発(66~79%のダメージ)
 H177 D120メガハッサムをめざめるパワーで確定1発

S調整ライン
 4振り65族抜き抜き
 無振りランターン(67族)抜き


ハイパーボイスによる高い火力により 相手のPTに負担を与えるのが仕事
ハイパーボイスの威力は117のタイプ一致で175になるため
フェアリーを半減しないエスパーやゴーストに対しては
シャドーボール(80×2=160)よりハイパーボイスの方が指数が高い点に注意

オボン調整ハイボニンフィア3

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:オボンのみ
努力値:H244 B84 C120 D4 S56
能力実地:201-×-96-159-151-87
技:ハイパーボイス・めざめるパワー(炎)・サイコショック・めいそう


調整は1匹目2匹目のオボン調整型と同じく
A182メガリザXのフレアドライブ確定耐え 
A182ガブリアスの地震オボン込み2耐えが可能

瞑想を積むことでニンフィアに後出ししてくるポケモン(特にフシギバナ)の対処能力を上げたり
ウルガモス等の対面でほぼ確実に勝つことが可能になった
(殆どのウルガモスは瞑想1積みサイコショックで確2)

電光石火が欲しい局面も多いが 勝ち筋を広げる意味では瞑想も有力な技だ

オボン調整ハイボニンフィア2

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:オボンのみ
努力値:H244 B84 C120 D4 S56
能力実地:201-76-96-159-151-87
技:ハイパーボイス・めざめるパワー(炎)・サイコショック・でんこうせっか

調整は1匹目のオボン調整型と同じになっていてメガリザXのフレドラまで耐えることが可能

違いは電光石火のみなので特に説明することはない

仮想敵は襷ガブリアス 襷ゲンガー 襷テラキオン等や死に際の最後っ屁

実は威力指数は無振りブースター(A実地150)の電光石火に匹敵するので
死に際の電光石火としてはヘラクロスやヌメルゴン等の削りにもかなり貢献する

オボン調整ハイボニンフィア

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:オボンのみ
努力値:H244 B84 C120 D4 S56
能力実地:201-×-96-159-151-87
技:ハイパーボイス・めざめるパワー(炎)・サイコショック・あくび

シングル用のハイパーボイスニンフィア1匹目
特に深い調整などは考えずに半分思考停止の配分と技構成になっている



B調整ライン
A182ガブリアスの地震をオボン込み2耐え
A182メガリザードンXのフレアドライブを確定耐え

C調整ライン
単なるBS調整の後の余り
ハイパーボイス(交代受け)+めざ炎でH177ハッサムを余裕の確殺

S調整ライン
4振り65族抜き


ハイパーボイスの火力が非常に高く強いので 
半減受けされそうならうまくあくび等を絡めて等倍以上を相手に
積極的にハイパーボイスを使っていきたい

ダブル用ハイボニンフィア

性格:ひかえめ
特性:フェアリースキン
持物:せいれいプレート
努力値:H244 B44 C160 D4 S56
能力実地:201-76-91-165-151-87
技:ハイパーボイス・めざめるパワー(炎)・でんこうせっか・みきり

ついに解禁されたハイパーボイスニンフィア
これによってニンフィアの特殊火力は今までとは桁違いのものになりました
(解禁前に使っていたスピードスターニンフィア? なんですかそれは)

B調整ライン
A177メガガルーラの恩返しを確定耐え

C調整ライン
H157FCロトムをダブル補正ハイパーボイスでほぼ確2
H181メガガルーラをダブル補正ハイパーボイスで中乱2
H184ガブリアスをダブル補正ハイパーボイスで確定一発

Dライン(無調整)
C238メガサーナイトのダブル補正ハイパーボイスで確定3発
C211メガリザードンYのダブル補正晴れねっぷうで確定3発


S調整ライン
4振り65族抜き

フェアリーはとても一貫性のある攻撃属性であり
スキンでんこうせっかの性能も手伝い非常に場の支配力が強い一匹

相手からしたら優先して倒さないとハイパーボイスで大きな被害をもらうため
みきりが最重要な技となっている印象

ブイズに限らず普通のダブルPTに組み込んでも間違いなく活躍してくれるだろう

鈍い眠るニンフィア(スキン物理)

性格:いじっぱり
特性:フェアリースキン
持物:カゴのみ
努力値:H228 A124 B132 D4 S20
能力実地:199-111-102-×-151-83
技:おんがえし・でんこうせっか・のろい・ねむる

ニンフィア育成2匹目にして物理型の登場です
迷走しすぎじゃないか?とか ネタ型かよと思われるかもしれませんが
ハッキリ言います ニンフィアの物理はガチで使えるレベルです

まず注目したいのがフェアリースキンという特性
この特性はノーマルタイプの技の威力を1.3倍にし 更にフェアリータイプの技に変えてしまいます

この特性はポケバンク解禁後に使えるハイパーボイスばかりが注目されていますが
実はこの特性でニンフィアの物理が実用的なレベルまで昇華します

そこでまず考えたいのは 物理の威力指数と特殊の威力指数の差

A特化ニンフィア(A実地128)のスキン恩返し(威力133×タイプ一致)
C特化ニンフィア(C実地178)のムーンフォース(威力95×タイプ一致)

この2つの指数を比べると・・・実は殆ど差がありません
更に物理技には電光石火もあるため ポケバンクが解禁されていない現状では
物理の方が優秀なタイプ一致技を使えることになりますね


さて 本題の型紹介です

A調整
・恩返しでH207メガバンギラスを超高乱数2発
・鈍い1積み状態の恩返し+電光石火でH197カイリューをほぼ確殺(2連最低乱数以外で倒せる)

B調整
・A182ガブリアスの地震+鈍い1積み状態での地震2発目を2連最大乱数以外耐え
・A182ガブリアスの剣舞地震+鮫肌2回を鈍い1積み状態で確定耐え
(ガブリアス対面時に安定して鈍い→眠るを選択可能)
・A189命の球持ちバシャーモのフレアドライブ確定耐え

S調整
4振りバンギラス抜き

攻撃技がスキンフェアリーのみという異質な型ですが
新しい可能性を見出す目的では一番わかりやすい型でしょう

ヌメルゴンやバンギラス等にフェアリータイプとしてのタイプ優位をしっかり活かせるのも特殊とは違う強みですね

ラッキーを意識する場合はH実数値を199ではなく201にして地球投げを4回耐えるようにしたほうが良いでしょう

世代別ニンフィア型名リンク

【7世代】
☆あくび両壁2(特殊)
★あくび両壁1(物理)
☆物理ゴツメ

【6世代】
★瞑想アッキバトン
☆6世代EVカップ用鉢巻
★ボイハ鏡眼(さかさ用)
☆眼鏡ハイボ(めざ炎)
★オボン調整スキンハイボ3(瞑想めざ炎)
☆オボン調整スキンハイボ2(石火めざ炎)
★オボン調整スキンハイボ(欠伸めざ炎)
☆ダブル用スキンハイボ(めざ炎)
★鈍い眠る(スキン物理)
☆瞑想ドレキッス(めざ炎)

瞑想キッスニンフィア(めざ炎)

性格:ずぶとい
特性:メロメロボディ(♀推奨)
持物:たべのこし
努力値:H244 B196 D4 S64
能力実地:201-×-121-130-151-88
技:ドレインキッス・サイコショック・めざめるパワー(炎)・めいそう

XYで最初に作ったニンフィアです
(発売直後から張り切り過ぎたせいで赤い糸の仕様判明前に作って悲しみを背負ったのは内緒)

ドレインキッスは威力が50しかないものの 
与えたダメージの75%回復という今まででは有り得ない吸収率を誇ります
下手な特殊ポケモン相手なら瞑想を一回積むだけで
ドレインキッスによる回復が余裕で追いついてしまいます

しかし逆を言えば瞑想を積まないと火力がないのはお察しです

フェアリー+エスパー+ほのおによって攻撃範囲もとても優秀なので
特殊ポケモン相手なら瞑想無し不利対面でもない限り負けることはほぼないですね


天敵と思われるハッサムに対してはめざめるパワーで対処
威力が60になったことでH252振りハッサムを確1で持っていくには
C実地194以上の数値が必要になってしまいましたが
無振りニンフィアのC実地は130 1積みで195なので確1の基準を満たすことができます

バレットパンチを食らうにも関わらずハッサムを意識したS調整にしているのは
交換読みとんぼがえりを先手で喰らい 逃げられてしまうのを防ぐため


耐久値は陽気ガブの地震確3 鉢巻きハッサムのバレパン確定耐えになっています
プロフィール

風歌

Author:風歌
エメラルドの時代からイーブイズを愛用してきたトレーナーでありブイズ歴は13年目
ニコニコ生放送主やってます

BW時代のブイズによるシングル最大レートは1767(5世代のレートは仕様の問題で上がりづらかった)

2010年WCS(GSルール)においてはブイズ3匹入りパーティーで長野ベスト8入り

2012年に行われたイーブイカップ(ローテ大会)では全試合を放送し レート1865で3位にランクイン

XYのブイズによるシングル最大レートは1987

2014年に行われたイーブイフレンドリーマッチ(XYローテ大会)においても全試合(30試合制限)を放送し
27勝3敗の1803でマスター7位にランクイン

SMのブイズはシングルレート2000までは達成済み

検索フォーム
リンク
QRコード
QR