他の窓を見る
シャワーズの窓 サンダースの窓 ブースターの窓
エーフィの窓 イーブイの窓 ブラッキーの窓
リーフィアの窓 グレイシアの窓 ニンフィアの窓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごいゴツメめざ炎リーフィア

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B164 S92(王冠)
能力実値:172-130-188-72-85-127
技:リーフブレード・めざめるパワー(炎)・にほんばれ・こうごうせい

サン・ムーン発売前に想定していた カプ・ブルルやカミツルギを見るために育成したリーフィア
基本的な性能は5世代の時期に育成した[葉緑素晴れゴツメリーフィア3]と同じだが
王冠でSをVにできるようになったため ステータスが伸びた

・A200 カプ・ブルルの鉢巻きウッドハンマーをグラスフィールド(回復)込み確定3発
・無振りカミツルギをめざめるパワー炎で乱数(球ダメやゴツメで確定)
・ようりょくそで 最速スカーフガブリアス抜き

しかし カプ・ブルルやカミツルギが環境に殆どいなかった(2016/12/09現在)ので ベンチ入りに
スポンサーサイト

チョッキ叩きリーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持ち物:とつげきチョッキ
努力値:H148 A76 B4 D116 S164
能力実値:159-154-151-×-100-136
技:リーフブレード・はたきおとす・つばめがえし・でんこうせっか

ORAS環境において 新しく育成されたチョッキリーフィア
基本的に積極的に選出されることはなく キノガッサ+αの並び等に対して
ある程度の仕事を行うことを目的として育成されていて
素早さも 最速キノガッサ+2(最速メガバンギラス抜き)となっている


耐久ライン
 A200 キノガッサのマッハパンチ・岩石封じ(どちらも威力指数90)を 確定4発
 A186 鉢巻カイリューの逆鱗を確定耐え
 A146 ファイアローのブレイブバードを確定耐え(叩き落とした後の目安)
 
 C127 珠ジャローダのリーフストームを2連打確定耐え
 C190 メガゲンガーのヘドロばくだんを確定耐え
 C177 珠サザンドラの大文字を確定耐え
 C194 眼鏡サザンドラの流星群を高乱耐え(62.5%)
 C150 ヒードランのマグマストーム+スリップダメージを確定耐え
                  (どうしても叩き落としたい時の目安)
火力ライン(目安)
 はたきおとすで
 H167-B100 メガゲンガーを乱数2発(59%)
 H193-B126 ヒードランのみがわりを乱数1発(75%)
 H167-B170 盾ギルガルドに 40.7~47.9%のダメージ 
※火力には期待せず 安定技として打つ事が多い程度の認識に留めるべき
 H151-B115 ジャローダに対し 珠ダメージ+はたきおとす+つばめがえし+でんこうせっかで確定(タイマンで叩きから押しても勝てる程度の目安)
 つばめがえしで
 H135-B100 キノガッサを確定1発 (メイン仮想敵)
 H187-B143 メガフシギバナを確定4発 (無理) 

粉技無効でガッサへの後出しが安定する はたきおとすが使える 等
優秀な点はあるのだが 火力不足が一番の難点
第5世代のように物理受けをする選択肢もあるのだが 天候弱体化によって
日本晴れリーフィアで物理受けをする理由がなくなり
更にリーフィアより早く 受けきれない物理技を繰り出してくるポケモンが 非常に多くなったため
ゴツメ持ちの枠を ブラッキーに渡してしまったのがリーフィアの現状

しかし 現在のブイズの構築の主軸(特にとけーふぃ構築)は
シャワーズ サンダース エーフィ ブラッキー ニンフィア で ほぼ固まっているため
残り1枠の自由枠で 何を見るか? という点のみに重点を置いたリーフィアとなっている

フーカス(さかさ用)リーフィア2

性格:いじっぱり
特性:リーフガード
持物:こだわりスカーフ
努力値:H148 A52 B20 D132 S156
能力実地:159-150-153-×-102-135
技:リーフブレード・タネマシンガン・はたきおとす・アイアンテール

基本的な調整と役割は1匹目のさかさ用スカーフ型と同じなので詳しくはこちらを参照
 
さかさバトルにおいてキノガッサやゲンガーがあまりにも多く
せっかく先手で攻撃しても「気合の襷」を持っていて返しの攻撃でやられてしまう(特にキノガッサ)
事が非常に多く その対策をするためにタネマシンガンを採用した
 
ただしリーフィアのタネマシンガンは4世代の技マシン限定技なので
夢特性である葉緑素との両立が不可能になっているが
メガリザードンYに後出しをした際リーフガードで鬼火を無効化できる と考えれば悪くもなさそうだ
正直メガリザードンYの個体もそこまで多くなく 天気が晴れになることも少ないので
元々スカーフ型では死に特性になりがちだと言われればそれまでだが
(葉緑素が役に立つのは対晴れパの葉緑素アタッカーに対してのみ) 

【タネマシンガンの火力ライン】
種2HITで
 火力振りのファイアロー全てを確定
 H191-B85ウルガモスを確定
 H135-B80ゲンガーを急所1発込みで確定
 
種3HITで
 H185-B135(HB特化)ファイアローを確定
 H135-B80ゲンガーを確定
 H135-B100キノガッサを3回中2回最低乱数以外で撃破
 H135-B100メガゲンガーを(ry
 (キノガッサとメガゲンガーのHB種族値は同じなので 耐久無振りなら同じ結果になる)
 H166-B115カイリュー(マルスケ込み)を確定
 H191-B115カイリュー(マルスケ込み)を3回中2回最低乱数以外で撃破
 H155-B100ラティオスを急所1発込みの全て最低乱数以外で撃破


種4HITで
 H155-B100ラティオスを確定
 H175-B110ラティアスを高乱数(ダメージ割合96~114%)
 H185-B97までのボルトロスを確定
 H167-B110サザンドラを確定
 H145-B135ジバコイルを中乱数

種5HITで
 H187-B110ラティアスを確定
 H145-B135ジバコイルを確定 


タネマシンガンの基本的な使い道は 期待値である3HITラインを目安に
襷持ちのキノガッサやゲンガー
そしてウルガモス(の炎の体)に触りたくないときにタネマシンガンを使う形だが
 
リフブレで倒せない事がわかっているサザンドラやジバコイルやなんかを殴らなくてはいけない時は
4HIT以上を期待してタネマシンガンを使うのもいいだろう
2回しか当たらない? そういう時は泣けばいいと思います

フーカス(さかさ用)リーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:こだわりスカーフ
努力値:H148 A52 B20 D132 S156
能力実地:159-150-153-×-102-135
技:リーフブレード・はたきおとす・アイアンテール・やつあたり
 
さかさバトル用に育成したスカーフリーフィア
さかさバトルでは上を取って殴るのがシンプルに強い ということで
ブイズの中で最もさかさのスカーフが似合うであろうリーフィアにスカーフを持たせてみた
 
A調整ライン
 リーフブレードでH155-B100ラティオスを最低乱数以外一撃
 
B調整ライン
 A182ガブリアスの地震を最大乱数以外耐え
 A205鉢巻カイリューの逆鱗を最大乱数以外耐え
 A205鉢巻カイリューの神速を確定3発
 
D調整ライン
 C182眼鏡ラティオスのサイコキネシスを最大乱数以外耐え
 C182ラティオスの流星群を確定耐え(スカーフ等)

S調整ライン
 最速130族(サンダース メガゲンガー)抜き抜き
 スカーフ持ち最速70族(キノガッサ)抜き
 
”最低乱数以外一撃” ”最大乱数以外耐え” 
が多いことからほぼギリギリの努力値配分であることがわかる

おんがえしではなくやつあたりになっているのは さかさバトルにおいてメタモンがどのルールよりも強いため
故意になつき度を最低にしていないと決して最大威力にならないやつあたりを採用
しかしリーフィア対面では十中八九リーフブレードなのであまり意味がない
意味があるとしたらリーフィアが恩返し圏内かつ
後ろに草を半減できるポケモン(ブイズならシャワーズ)が居る時くらいだろう

キッョチ(さかさ用)リーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:とつげきチョッキ
努力値:H252 A44 B4 D148 S60
能力実地:172-149-151-×-104-123
技:リーフブレード・はたきおとす・おんがえし・でんこうせっか

さかさバトルで判明した新たな役割
"特殊を受けて叩き落とせる"リーフィア
 
A調整ライン
 H155-B100ラティオスをリフブレで最低乱数以外一撃

D調整ライン
 C182眼鏡ラティオスの流星群確定耐え
 C216霊獣ボルトロスの十万ボルト確定耐え
 C205C↑1珠持ちウルガモスのギガドレインを最大乱数以外耐え
 
S調整ライン
 準速70族(意地っ張りキノガッサ等)抜き

「すごい チョッキ持ったらリーフィアでもここまで特殊技を受けれる!」

特殊を打ったら簡単に死ぬだろうと思っている相手を確実にリフブレで倒せる程度の性能と
地味に早い素早さから繰り出されるはたきおとすの汎用性が異常
さかさバトルで全く新しいリーフィアが完成してしまったと言えるだろう
 
もちろん物理耐久に関してもリーフィアの持ち前の130という高い種族値により
ファイアロー等のポケモンは安心して受けてもらうことができる
 
ただしガブリアス等のポケモンに関しては地震を打たれるので1耐えが限界

珠はたきおとすリーフィア

性格:ようき
特性:ようりょくそ
持物:いのちのたま
努力値:H68 A252 S188
能力実地:149-162-151-×-85-152
技:リーフブレード・はたきおとす・つばめがえし・にほんばれ

アタッカー仕様のはたきおとすリーフィア
追加効果付きの優秀なサブウェポンを手に入れたことで今まで倒せなかった相手も倒せるようになった


火力ライン(Aぶっぱだけど)
 リーフブレードで
  H実地157水ロトムをB実地136まで確定一発
  HB特化スイクンを確定2発

 はたきおとすで
  H実地155ラティオスを確定一発
  H実地135シャンデラを確定一発

 つばめがえしで
  H実地155メガヘラクロスを高乱数一発(6割)
  H実地187メガヘラクロスを確定2発
  H実地187メガフシギバナをB実地157まで確定3発

B調整ライン
 A実地182ガブリアスの鉢巻逆鱗耐え

S調整ライン
 最速FCロトム抜き 最速85族(ヘラクロスやスイクン等)抜き抜き



つばめがえしの火力が明らかに不足している点は仕方ないね

メブキジカとの差別点ははたきおとすが使えること
モジャンボとの差別点は素のすばやさが高めなので葉緑素なしでも動ける点でしょう

恵みはたきおとすリーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:ロメのみ
努力値:H68 A76 B4 D148 S212
能力実地:149-154-151-×-104-142
技:リーフブレード・はたきおとす・しぜんのめぐみ(地面90)・にほんばれ


XYの仕様変更により 威力が大きく上昇した自然の恵みを採用したリーフィア
ズアのみ(地面100)は誤発動が怖いため 威力90のロメのみを採用した

A調整ライン
性格補正の効率重視←これだけ
はたきおとす+しぜんのめぐみでH実地193ヒードラン確定
はたきおとすでH実地155ラティオス・H実地135シャンデラに8割程度のダメージ

B調整ライン
A実地182ガブリアスの鉢巻逆鱗を確定耐え

D調整ライン
C実地182ラティオスの流星群を最大乱数以外耐え

S調整ライン
最速ヒードラン抜き


にほんばれでSを逆転してからはたきおとすでラティオス等を見れる強みはあるものの
命の玉や達人の帯等で火力を補強しないと確定一発にできないので 
持ち物を叩き落としたラティオスの流星群くらいは耐えるように調整した

Sは恵み地面の最大の仮想敵であるヒードラン抜き
こちらもA実数値と恵み威力の問題で火力が足りていないので
相手がヒードランを交代出ししてくるターンにはたきおとすを入れるとグッド
風船持ちやスカーフ持ちのヒードランに対しても同様の流れで倒すことができるようになる

ラティオスの流星群耐えの副産物としてロトム等の特殊水への後出しも安定するようになり
そこからはたきおとすで相手の持ち物を無力化していくこともできるようになったのは良いが
アタッカー型としては決定力がなさすぎるのが難点

ダブル用鉢巻リーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:こだわりハチマキ
努力値:H148 A188 S172
能力実地:159-169-150-×-85-137
技:リーフブレード・つばめがえし・すてみタックル・でんこうせっか

ポケムーバー解禁前のダブルバトルにおいて使っていたリーフィア

水ロトムやメガガルーラが中心の環境であると感じたため
物理に硬いリーフィアで水ロトムを一撃で倒したり相手に大きく負担を与える目的で育成した

スカーフシャワーズとの相性も良く 横にいると心強い存在であり
実は雨乞いサンダースよりもシャワーズの横に並べる機会が多かった

シャワーズとリーフィアを並べた時の難点は2匹ともこだわっているため
相手にこだわりがバレた後の立ち回りに気をつけなくてはいけない点

はたきおとすゴツメリーフィア

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B172 S84
能力実地:172-130-189-×-85-126
技:リーフブレード・はたきおとす・あまえる・こうごうせい


にほんばれが必須枠ではなくなったことから生まれたXY用ゴツメリーフィア2匹目

強化されたはたきおとす(BW2教え技)を使い
物理ポケモンに役割を持ったのち対面や後続の持ち物を使えなくすることが可能

威力もそこまで悪くなく 不一致とはいえ威力97(持ち物を落とした時のみ)もあり
対面のメタグロスや交代先のラティオス等に抜群で入れることも可能

また リーフィアに出てきやすいポケモンを適当にあげると
クレセリア ヒードラン グライオン ファイアロー ギルガルド等がいるが
持ち物を失うだけで手痛い一撃になりやすい相手が多い

メガフシギバナ等のメガストーンをはたきおとすことはできないが
ブイズのなかではたきおとすを使えるのはリーフィアのみなので
物理受けの立場をブラッキーに取られ気味なリーフィアにとっては重要な技になりそうだ

あまえるめざぱ両立ゴツメリーフィア

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H244 B172 D4 S88
能力実地:171-130-189-×-86-126
技:リーフブレード・めざめるパワー(炎)・あまえる・こうごうせい


第5世代においてやりたくてもできなかった技構成

第6世代では天候特性による天候変化が永続ではなくなったため
リーフィアのにほんばれも必須技ではなくなった

そのためにほんばれを技から外す選択肢が生まれ あまえるとめざぱの両立が可能になった

あまえるゴツメの積み技(龍舞等)耐性を損なわず
更にハッサムやナットレイに対しての役割を安定させることができる

ただし後続のポケモンに備えて事前に晴らしておく・・・という立ち回りができなくなった点には注意

Sの調整ラインも微妙に変わり 晴れ下でスカーフガブリアス抜き調整の127から
最速バンギラス抜き抜き調整の126になっている

イーブイカップ用剣舞リーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:いのちのたま
努力値:H148 A253 B4 D76 S28
能力実地:159-178-151-×-95-119
技:リーフブレード・おんがえし・こうごうせい・つるぎのまい

イーブイカップ用に育成した剣舞リーフィア 基本的な調整は鉢巻と変わらないが 
壁晴れサンダースや甘えるブラッキーの補佐によりリーフィアが動きやすい状況を簡単に作れるので
剣舞球型を作ってみた 光合成は過労死防止策
すてみタックルより球おんがえしのが反動も低いしダメージも多いんやで・・?
というわけで一貫するノーマル技が撃ちやすいのもこの型の利点でしょう

剣舞からブラッキーにイカサマをもらってしまっても晴れ光合成で戻せるので積極的に舞うことができます
がHBブラッキーのイカサマが怖くないわけではないので注意

なおイーブイカップ本番ではメインがトリルになり 
ブラッキーが甘えるねがいごと抜きになったのでこのリフィは使わず
鉢巻リーフィアの方をサブ選出にしたのであった・・・まる

イーブイカップ用鉢巻リーフィア

性格:いじっぱり
特性:ようりょくそ
持物:こだわりハチマキ
努力値:H164 A236 B4 D76 S28
能力実地:161-176-151-×-95-119
技:リーフブレード・シザークロス・すてみタックル・でんこうせっか

(実は新規育成をあまりやっていないことをごまかす小出し…)
いやなんでもないです!

鉢巻きリーフィアです 舞うこともなく
葉緑素から殆どのサンダース エーフィ等を一撃で持っていける火力になります

また 剣舞型と違ってイカサマブラッキーにも強いことが利点
イカサマは持ち物が自分依存なので鉢巻分はイカサマに入りません
そして急所なら一撃で持っていけるため(HBブラッキーの場合約8~9割 次のリフブレや特殊で落とそう) 
願い事等のサポートで安定してブラッキーを見ることが可能です

特殊耐久はひかえめサンダースの球シグビ耐え(壁込み確3)
相手のダースの身代わりがあってもサンダースの壁晴れサポで強気に行けます

ただしグレイシアが居るだけで鉢巻リフブレを強気に撃ちづらくなるので
グレイシアが居た場合他の選出にするか とりまきでしっかりサポートすることが必要になる
また 素早さに殆ど裂いていないためリーフィアミラーでも不利になりやすいが そこはブラッキーで補佐

すてみタックルは相手にブースターが居る&一貫取りたい時の非常用
無振りサンダース ブースター エーフィまで確定一発になります(無振りエーフィはほぼ居なかったが)
反動ダメージも痛いのでイーブイカップ本番では一度も使いませんでした(ぁ

鉢巻きリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:こだわりハチマキ
努力値:H4 A252 S252
能力実地:141-162-150-×-85-161
技:リーフブレード・シザークロス・つばめがえし・おんがえし

第5に入ってからバトレボやりたくなって(ry
鉢巻き持ったリーフィアというのを持ってなかったので思考停止配分で育成
以外と戦えた 第4世代の時育成すりゃよかったな・・・

GS用スカーフリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:こだわりスカーフ
努力地:H36 A252 S220
能力実地:145-162-150-×85-157
技:リーフブレード・おんがえし・シザークロス・くさぶえ

載せるの忘れかけてた(白目
スカーフによってスカーフもちの90族(カイオーガ等)を抜くことができます
なおこのリーフィアはブイズでGS行った時のメンバーではなく普通にGSを戦う時のメンバーだった模様
ラムグラードンを相方にドーブルやカイオーガメタとして採用 
リーフガードでダークホールも怖くない!
リーフィアがスカーフなので守れないが 持ち前のBを活かし
グラードンが巻き込み地震を撃っても大したダメージにならないのもポイント
というかGSのやつらの攻撃をリフィが食らったら”基本確1”なので

草笛は有効打ないときの運ゲ 当たれば強い

世代別リーフィア型名リンク

【7世代】
★すごいゴツメめざ炎

【6世代】
☆特定選出用チョッキ
★フーカス2(さかさ)
☆フーカス(さかさ)
★キッョチ(さかさ)
☆珠はたきおとす
★恵みはたきおとす
☆ダブル用鉢巻
★はたきおとす搭載ゴツメ
☆甘えるめざぱ両立ゴツメ

【5世代】
☆イーブイカップ用剣舞球
★イーブイカップ用鉢巻
☆葉緑素晴れゴツメ4(甘える)
★葉緑素晴れゴツメ3(めざ炎)
☆葉緑素晴れゴツメ2(シザクロ)
★葉緑素晴れゴツメ(剣舞)
☆ローテ用2(陽気欠伸)
★ローテ用(晴れゴツメ)
☆晴れゴツメ2(リフガ)
★晴れゴツメ(リフガ)

【4世代】
☆GS用スカーフ
★鉢巻き
☆鈍いバトン
★剣舞バトン
☆タンガめざ炎
★くすぐる
☆微両刀
★身代わり恵み
☆欠伸身代わり
★願い事+光合成
☆スカーフ

葉緑素晴れゴツメリ―フィア4

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H244 B172 S92
能力実地:171-130-189-×-85-127
技:リーフブレード・あまえる・にほんばれ・こうごうせい

甘えるで相手の攻撃を2段階下げることができるリーフィアです
これによりビルドレ戦術のズルズキン ローブシン エルレイド等には
ゴツメの固定ダメージで確実に勝つことが可能になり
更にカイリュー等の龍の舞による起点も封じるどころか 
リーフィアでカイリューを見れるようにもなりました(急所?知らん)

配分に関しては葉緑素晴れゴツメリーフィア3でも触れましたが
攻撃を受ける回数が多いための効率重視
甘えるであまり関係ないと思われがちですが A特化ハッサムのむしくいのダメージを計算してみると・・・
B実地188に甘える→むしくい=58~69ダメージ 
B実地189に甘える→むしくい=56~66ダメージ
B実地200に甘える→むしくい=53~63ダメージ

鉢巻きハッサムの場合は
B実地188に甘える→むしくい=86~102ダメージ
B実地189に甘える→むしくい=84~99ダメージ
B実地200に甘える→むしくい=79~93ダメージ

となんと3レベルでダメージの差があることが判明
これは大きいと思い Bの実数地を189にしました
なお上のB実地200の計算を見てもらえばわかるとおりこれ以上Hを削ってBに回しても
ダメージは全然減らなくなってくるので最も効率の良い数字と思われます
 

葉緑素晴れゴツメリーフィア3

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H244 B164 D4 S96
能力実地:171-130-188-×-86-127
技:リーフブレード・めざめるパワー・にほんばれ・こうごうせい

やはり葉緑素でもめざ炎が良いのでは?と思い育成
リーフガードと違いカバの欠伸やナットレイの電磁波が入ってしまうが
リーフィアでハッサムを見れるというのは大きく 
ナットレイも電磁波以外にやることがないのでナットレイに役割を持つ事も可能です

めざ炎になったことでHかBをどちらか1削らないと
スカーフガブリアスを抜けるSを維持できないのでHを削りました
なぜH?光合成の回復量も下がるしBでいいじゃん? という人もいるかもしれませんが
Bを下げるとダメージが上がっちゃいますよ!!!

当たり前のことですが 「リーフィアは何度も攻撃を食らうポケモン」です
たとえば50×2ダメージと51×2ダメージだったら後者のが2多くダメージをもらっています
ここまでは光合成の回復量も1下がっているのでイーブンですが長期戦になるほど差が出てきますね
また カイリューの炎のパンチ(B実地187で64~76ダメージ・B実地188で62~74ダメージ)等
効果抜群の技に対しては2単位でダメージが変わってくるのも大きいでしょう
しかし逆をいえばダメージが変わらない攻撃もあるので ここら辺は人の好みに近いと思われます

葉緑素晴れゴツメリーフィア2

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B164 S92
能力実地:172-130-188-×-85-127
技:リーフブレード・シザークロス・にほんばれ・こうごうせい

リーフィアを使っていて一番邪魔なのは特殊アタッカー
そして最も邪魔な特殊アタッカーといえばやはりラティオスだろう
つまりそういうことである
交換読みで一発当てておけば以降はリーフィアが晴れを維持することで
ラティオスを見ることが可能になり 仕事がしやすくなる 
しかしラティオスピンポでしかないので正直微妙だった

葉緑素晴れゴツメリーフィア

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B164 S92
能力実地:172-130-188-×-85-127
技:リーフブレード・つるぎのまい・にほんばれ・こうごうせい

葉緑素解禁で真っ先に意識したのはスカーフガブリアス
Sに92振ることでスカガブ抜きを実現 
耐久面はインファイトや逆鱗確3 メガホーン確2等 確定数に支障はなかった
つるぎのまいによって物理を起点にリーフィアも殴りに行けるんじゃないかと思ったが
やはり範囲が狭かった まる

ローテ用リーフィア(陽気)

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:オボンの実
努力値:H252 B4 S252
能力実地:172-130-151-×-86-161
技:タネマシンガン・シザークロス・でんこうせっか・あくび

Sが遅い欠伸の使い勝手があまり良くなかったため 最速を使ってみた
でも悪戯身代わりが一番多いのであまり意味がなかった

ローテ用ゴツメリーフィア

性格:わんぱく
特性:リーフガード
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 A4 B252 
能力実地:172-131-200-×-85-115
技:タネマシンガン・あくび・にほんばれ・こうごうせい

調整?無し 
耐性ではなく能力値で受けを成立させてるリーフィアのBはできる限り高い方が良い
シングルの欠伸たべのこしのように相手に極力攻撃させないのなら別だが
ゴツゴツメットの場合Bはどれだけあってもまだ欲しくなる

ローテには欠伸がとてもよく刺さる
(1匹落ちたら交換が不可能な上 相手3匹全員動けるのでとてもリスクが高い)
タネマシンガンは身代わりスイクン意識やローテトップメタのココドラ意識

セルフ晴れゴツメリーフィア2

性格:わんぱく
特性:リーフガード
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 d4
能力実地:172-130-200-×-86-115
技:リーフブレード・つるぎのまい・にほんばれ・こうごうせい

ビルドレズルズキンが突破できなかったので積み技を搭載
なおビルドレローブシンには勝てなかった模様
甘えるという発想はまだなかった模様

セルフ晴れゴツメリーフィア

性格:のんき
特性:リーフガード
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B252 D4
能力実地:172-130-200-80-86-103
技:リーフブレード・めざめるパワー炎・にほんばれ・こうごうせい

BWに入ってドリュウズやナットレイに頭を悩ませていた私が真っ先に作った型
カバの欠伸?リーフガードで無効化するんで^^
ナットレイ?でんじはもやどりぎもきかないリーフィアにやることあるんですか?
といった形
当然ながらハッサムに打ち勝つことも可能
ゴツゴツメットのおかげで普通に物理受けとしての仕事も可能になり
ここで初めてリーフィアがブイズにとって必須といえる存在になった
「リーフィアのメインウェポンはゴツメ」というブイズの名言を初めて呟いたのもこの時期

なお のんきではなく腕白で十分と気づいたのはちょっと後のお話

鈍いバトンリーフィア

性格:わんぱく
特性:リーフガード
持物:たべのこし
努力値:H252 A4 B252
能力実地:172-130-200-×-85-115
技:リーフブレード・のろい・あくび・バトンタッチ

たべのこしの欠伸連打は普通に鬼畜レベル
ステロなりがないブイズではPP切れまで交換安定だがそれされるのならこっちも有利なのに交換すればいいだけ

鈍いバトンは誰にするって? だからAブラッキー以外に居るんですか!!!
自分で鈍い積む暇がないA特化タイプのブラッキーだがリーフィアから繋ぐことでかなりの性能を発揮した
物理に出してからの欠伸連打は今やっても通用するリーフィアの戦術だと思ったけど
キノガッサの催眠対策が蔓延してる中そんなことはなかった

型の性質上防御に無駄があり特防にも振り分けて不一致抜群程度なら耐えるようにすれば
欠伸連打が更に安定すると思ったが あまり使用頻度は高くなかったので面倒だった模様(白目

剣舞バトンリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:オボンの実
努力値:H252 A4 S252
能力実地:172-131-150-×-85-161
技:リーフブレード・つるぎのまい・あくび・バトンタッチ

欠伸から剣舞バトン
ブイズ内で誰につなぐかって?
不意打ちブラッキー以外におるん???
ブースター「おい」

タンガめざ炎リーフィア

性格:むじゃき
特性:リーフガード
持物:タンガの実
努力値:H68 A252 B4 D4 S180
能力実地:149-161-151-80-77-151
技:リーフブレード・つばめがえし・めざめるパワー(炎)・くさぶえ

ヘラクロスを狩れるぞ!!!
H252ハッサムも最低乱数以外で2確できるぞ!!!
草笛でワンチャン狙えるぞ!!!

なんだかんだで第4では一番使っていたリーフィア 
ヘラやハッサムの呼び狩りは本当に美味しかった

くすぐるリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:たべのこし
努力値:H252 B76 S180
能力実地:172-130-160-×-85-151
技:リーフブレード・つばめがえし・くすぐる・こうごうせい

当時のリーフィアはブイズ内でヘラを倒せる可能性の高い理由”では”貴重な存在だったので燕は抜けなかった

Sは最速85族抜き調整で主に物理に役割を持ちくすぐるでAとBを下げ 突破
6→3ルールであるバトレボではそれなりに活躍した型だが 6-6ルールでは活躍の場がなかった
ルールって重要だね

なおBWではゴツゴツメットというメインウェポンがあるので殴る必要性はなく
くすぐるの使用機会は失われた模様

微両刀リーフィア

性格:やんちゃ
特性:リーフガード
持物:いのちのたま
努力値:A252 C96 S160
能力実地:140-178-150-92-76-135
技:リーフブレード・つばめがえし・おんがえし・めざめるパワー(炎)

珠持ってC振ってもHハッサム確1にならんから!!!
Sはガッサ抜き 

範囲狭いのに珠持って耐久も振らないから低いわでなんか
使ってた記憶がないのは仕様ですか?頭のバグですか?

身代わり恵みリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:リュガの実
努力値:H4 A252 S252
能力実地:141-162-150-×-85-161
技:リーフブレード・でんこうせっか・しぜんのめぐみ(氷80)・みがわり

後出しで来るマンダが舞ってきてあまりにもうざかったのでピンメタとして作成
威嚇が入っても電光石火込みでかなりの確率で狩れたはず(あまり覚えていない)
なお動画のpart1ではゴスの実(岩70)をもって活躍した模様

欠伸身代わりリーフィア

性格:ようき
特性:リーフガード
持物:たべのこし
努力値:H164 A92 S252
能力実地:161-142-150-×-85-161
技:リーフブレード・つるぎのまい・あくび・みがわり

やろうと思えばブイズ全員が使える戦術 欠伸+身代わり
それをリーフィアでやって更に剣舞で強制突破・・・できないの出たらまた欠伸身代わり
ということをやってみたかった
具体的にはまず水やらにだして欠伸→身代わり 身代わり残ったら剣舞
変なのが交代で来たらまた欠伸で流す

食べ残しがあるので欠伸連打してもいい という型
悪くはなかったけどリフブレはやはり範囲が狭かった 剣舞要らなかった記憶がある
プロフィール

風歌

Author:風歌
エメラルドの時代からイーブイズを愛用してきたトレーナーでありブイズ歴は13年目
ニコニコ生放送主やってます

BW時代のブイズによるシングル最大レートは1767(5世代のレートは仕様の問題で上がりづらかった)

2010年WCS(GSルール)においてはブイズ3匹入りパーティーで長野ベスト8入り

2012年に行われたイーブイカップ(ローテ大会)では全試合を放送し レート1865で3位にランクイン

XYのブイズによるシングル最大レートは1987

2014年に行われたイーブイフレンドリーマッチ(XYローテ大会)においても全試合(30試合制限)を放送し
27勝3敗の1803でマスター7位にランクイン

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。