スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまえるめざぱ両立ゴツメリーフィア

性格:わんぱく
特性:ようりょくそ
持物:ゴツゴツメット
努力値:H244 B172 D4 S88
能力実地:171-130-189-×-86-126
技:リーフブレード・めざめるパワー(炎)・あまえる・こうごうせい


第5世代においてやりたくてもできなかった技構成

第6世代では天候特性による天候変化が永続ではなくなったため
リーフィアのにほんばれも必須技ではなくなった

そのためにほんばれを技から外す選択肢が生まれ あまえるとめざぱの両立が可能になった

あまえるゴツメの積み技(龍舞等)耐性を損なわず
更にハッサムやナットレイに対しての役割を安定させることができる

ただし後続のポケモンに備えて事前に晴らしておく・・・という立ち回りができなくなった点には注意

Sの調整ラインも微妙に変わり 晴れ下でスカーフガブリアス抜き調整の127から
最速バンギラス抜き抜き調整の126になっている

コメント

No title
初めまして。白夜と申します。
自分もブイズが大好きな人間の一人なので、よく風歌さんのブログは拝見させていただいています。

質問なのですが、リーフィアにめざ炎を入れるメリットがイマイチ理解できません。
HハッサムやHナットに対してめざ炎は致命傷になりませんし、役割が安定するとはとても思えないのですが。
初心者丸出しの質問かもしれませんが、どうか教えてくださるとうれしいです。

では。
No title
コメントありがとうございます

リーフィアのめざ炎は仮想敵に2回以上使うことを想定していますね
HBリーフィアはハッサムの虫食いバレットパンチを耐えることが可能なので 
ハッサムに後出しされたとしても めざ炎2回とゴツゴツメット 状況次第では甘えるも絡めることで十分に戦うことが可能です

めざめるパワーの威力が70のままならH252ハッサムはほぼ確定2発だったのですが 60になったのでめざぱのみでハッサムを2発で倒すのは厳しくなりましたが ゴツメダメージを含めれば十分です

ナットレイに対しては電磁波をくらってしまいますが リーフィアはやどりぎのタネを無効化することができ
ナットレイの攻撃はリーフィアには有効打にならないのでナットレイをみたらリーフィアを投げてめざ炎で削るプレイングが成立します
鉢巻ナットレイであったとしても甘えるを使えば余裕ですね
No title
なるほど。削る目的が強いわけですね。
ご丁寧なご解説ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

風歌

Author:風歌
エメラルドの時代からイーブイズを愛用してきたトレーナーでありブイズ歴は13年目
ニコニコ生放送主やってます

BW時代のブイズによるシングル最大レートは1767(5世代のレートは仕様の問題で上がりづらかった)

2010年WCS(GSルール)においてはブイズ3匹入りパーティーで長野ベスト8入り

2012年に行われたイーブイカップ(ローテ大会)では全試合を放送し レート1865で3位にランクイン

XYのブイズによるシングル最大レートは1987

2014年に行われたイーブイフレンドリーマッチ(XYローテ大会)においても全試合(30試合制限)を放送し
27勝3敗の1803でマスター7位にランクイン

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。