ひるまない挑発ゴツメブラッキー

性格:ずぶとい
特性:せいしんりょく
持物:ゴツゴツメット
努力値:H252 B244 S12
能力実地:202-×-177-×-150-87
技:イカサマ・どくどく・ちょうはつ・つきのひかり

配分と技構成は前の挑発ゴツメブラッキーと同じ

普通だったらシングルのブラッキーはシンクロ安定なのだが・・・
ここで逆に精神力のメリットとシンクロのデメリットを考えてみる

【精神力のメリット】
・スカーフトゲキッスのエアスラッシュに対して後出しができる(マジカルシャインは丁度確2なので無理)
・メガガルーラの猫騙しなどで確定数をずらされなくなる(ブラッキーのHPが減っている局面で有効・最も多いのはガブリアスの攻撃+鮫肌による消耗からのねこだましによる消耗)
・ギャラドスの滝登りやドリュウズのアイアンヘッド等によるワンチャン負けを回避できる

【シンクロのデメリット】
・毒を入れたかったポケモンに麻痺がシンクロしてしまい 毒が入らなくなる
・シンクロをトレースされてしまい どくどくが撃てなくなってしまう(ポリゴン2等)

このあたりが精神力を使う上でのメリットになるでしょう
もちろん状態異常を相手にも与えるシンクロという特性は耐久ポケモンとしては優秀なのですが

・おにびを撃つ炎ポケモンにはやけどがシンクロしない
 ロトムやサマヨール等に対してやけどがシンクロしなくても毒のほうが良い
・どくどくがシンクロしなくてもブラッキーが自分で毒を撒ける
・そもそも状態異常の被弾を極力避けるのがこのブラッキーの基本的な動き

という点から シンクロが役立つ局面よりもシンクロが邪魔をする事のほうが多く感じ
もっというとブラッキーが怯んで負けた試合も少なからずあったため

この型のブラッキーは精神力安定なのではないか? という結論に達しました

コメント

No title
初めまして。前からこのブラッキーを使っている者なのですが
ギャラドスはイカサマ対策にメガシンカし、かたやぶりにより精神力は無力化
メガガルーラに関しては猫だましよりグロウパンチを打たれる確立の方が高く、
おそらく三百戦以上使っていて特性が働いたのは2戦程度でした。
それより状態異常にされる場面のが多かったので、やっぱりシンクロ安定なのですね…。ダブルはワンチャンないのでしょうか。
かなり前のコメだけど…
『300戦以上闘って2戦』は有り得ない。
夢ブラッキー使ってるケド、何試合かに1回は怯まずに助かった試合はある。
疑問だったので。
かなり前のコメですが、メガガルーラはグロパンしてきたらイカサマで持ってけます。むしろ猫騙しが少ないのは当たり前のことだと思う。
基本的にはシンクロ警戒で鬼火等はされづらいですが、相手が毒や鋼、炎ならシンクロも意味をなしません。

ぶっちゃけ自分はこいつの特性は好みだと思います。状態が怖いならシンクロでいいし、怯みで止まりたくないなら精神力で。

それと、気になったのですが前にコメ残した人が「特性が働いた」と言っていますが、確率で怯みの時どう判断したのか非常に気になりますね
No title
ブラッキーの特性については色々意見が分かれる所ではありますね
しかしメガガルーラを見るならやはり精神力が安定だと思います
 
岩雪崩による怯みの回避はもちろん
ガブリアスの逆鱗等の技を食らってブラッキーのHPが130以下になった状態でガルーラを後出しされた時の確定数の変化が挙げられますね
 
HPが130以下になってしまっていると ねこだましを食らった際に確定数がずらされてしまい 恩返し(八つ当たり)圏内に入ってしまいます
 
そして記事内でも触れていますが トレースポリ2に挑発毒々を動きをする際にも邪魔になりませんね
 

以上の点を踏まえると 役割を突き詰めるなら精神力
不意の役割破壊毒々等に対して反撃したいならシンクロになるでしょう

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

風歌

Author:風歌
エメラルドの時代からイーブイズを愛用してきたトレーナーでありブイズ歴は13年目
ニコニコ生放送主やってます

BW時代のブイズによるシングル最大レートは1767(5世代のレートは仕様の問題で上がりづらかった)

2010年WCS(GSルール)においてはブイズ3匹入りパーティーで長野ベスト8入り

2012年に行われたイーブイカップ(ローテ大会)では全試合を放送し レート1865で3位にランクイン

XYのブイズによるシングル最大レートは1987

2014年に行われたイーブイフレンドリーマッチ(XYローテ大会)においても全試合(30試合制限)を放送し
27勝3敗の1803でマスター7位にランクイン

SMのブイズはシングルレート2000までは達成済み

検索フォーム
リンク
QRコード
QR